新宿の物件を賃貸事務所で貸し出すためリフォームすることにしました

相続したアパート物件を賃貸事務所にしようとした

祖父から生前相続として、新宿にある5階建てのアパートを譲り受けました。
土地柄とても便利ではあるものの、アパートが建てられたのが50年近く前になるため、すでに入居者希望を探すのは難しいということは知っていました。
それでも相続税だけでもかなりの額になったので、家賃収入が得られなければ手放すことも検討をしなければならないと考えました。
そこで馴染みの不動産会社に相談したところ、一応は募集をかけてみるけど期待しないで欲しいと言われました。
その後3ヶ月ほど、募集を続けていたものの入居者は見つかりませんでした。
駅から近く周辺にもお店が多いことを考えて、かなり強気の家賃設定にしたのが駄目だったようです。
さいきんの若い人は便利なところも大事だけれど、それよりも綺麗でお洒落なところを好むようなので、見向きもされませんでした。
不動産会社には売却したほうがいいだろうかと相談したところ、リノベーションをしてアパートではなく賃貸事務所にしたらどうかと提案されました。
確かに所有している物件の近くには賃貸事務所が多く、昼間はサラリーマンが多く行きかう場所でもあります。

相続したアパート物件を賃貸事務所にしようとした事務所ならアパートより賃貸収入が安定しそう入居募集もあり賃貸事務所として成功