新宿の物件を賃貸事務所で貸し出すためリフォームすることにしました

入居募集もあり賃貸事務所として成功

相続したアパート物件を賃貸事務所にしようとした事務所ならアパートより賃貸収入が安定しそう入居募集もあり賃貸事務所として成功

リノベーション工事が始まって3ヶ月、ようやく全てを作り変えることができました。
いかにもアパートらしかった玄関部分から変えてもらい、間取りも窓も完全に変わったので同じ建物とは思えないくらいになりました。
すでにリノベーション工事を行っているときから、賃貸事務所の入居募集をかけていましたが、何十件も問合せがあり5件のテナント入居が決まっています。
駅から徒歩圏内だというところや、リノベーションをして新築のような美しさになったことが高評価だったようで、弁護士事務所や歯科クリニックがテナントとして入ってくれることになりました。
他の部屋も興味を示している企業や個人事業主がいるので、早々に埋まることを期待しています。
アパートの時は全室が埋まっていたとしても、賃貸事務所のビルにしたときに得られる家賃収入のほうが圧倒的に多いので満足しています。
これならリノベーション工事をするときに組んだローンも返済できますし、相続税を心配することもありません。
それに建物を壊して新しく立て直すよりも、リフォームやリノベーションをしたほうが廃材の数も少なくて済みますし、費用も安く抑えられます。
これからの時代は物を大事にすることをもう一度見直す時期にきていると思うので、アパートから賃貸事務所のビルに変えたことについて満足しています。